2020年11月09日

お知らせ


キンダー善光 創始者であり、青山サッカークラブ顧問、理事の金澤安昭が11月6日、大動脈解離のため他界いたしました。

葬儀は近親者のみで行い、ご参列、御香典、御供物、弔電などの御厚志につきましては、ご辞退されたいとのことです。


本当に突然のことでした。当日も現場で指導に立つ予定でした。

情熱と慈しみを持って、現場で活躍していただいていただけに、残念でなりません。

私にとっては、指導者としてかくあるべきという方でした。誰よりも早くグランドに入り、常に選手全員に目を配り勝利への強い情熱を持ちながら、敗北を審判のせいだとか選手のせいなどには全くしない。

全日本少年サッカー大会東京都大会の時、審判がイエローカードを提示し笛で再開の合図もしていないのに、相手チームが勝手にリスタートして無人のゴールにシュート。そのゴールが認められるというあり得ないジャッジがありました。

その時ですら、先生は審判に抗議もせず、選手を鼓舞していました。ゲームに対する本物のリスペクトを持っている方でした。忘れられない教訓を示していただきました。感謝を申し上げる機会などいくらでもあったのに、お伝えしていなかったことが悔やまれます。

謹んでお知らせ申し上げます。

大越信幸
posted by コーチ at 15:14| Comment(0) | 日記